サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> Webの開設と運営法 >> テンプレートを使う

テンプレートを使う



テンプレートの利点

サイトのデザインを統一する場合、新しいHTMLファイルを作るたびにデザインを新しく記入していくのは大変面倒な作業です。そこで、デザインだけを記述したテンプレートファイルを用意しておき、常にサイトの内容だけをそこに書いていく方法を検討してみましょう。

例えば、このサイトのテンプレートファイルは、以下のようなものです。(現在はデザインを変更しています)


(クリックでHTMLを表示)

このようなテンプレートファイルを用意しておくと、更新作業がかなり楽になります。

このサイトのテンプレートは、少し作りすぎという感じですから、<HEAD>タグ内だけでもテンプレート化しておくといいでしょう。

頻繁にテンプレートを変更するという場合、「ヘッダとフッタを外部から読み込む」を参考にして下さい。


サイトの階層を考える

テンプレートファイルを作成する時の注意点として、サイトの階層を考える必要があります。
というのも、ほとんどの人が画像ファイルなどを指定する場合、相対パスで指定しているからです。

相対パスで画像をしていしていると、違う階層やディレクトリにHTMLをおいた場合、画像が表示されない場合があります。
全て同じ階層に置くのが一番いいやり方ですが、どうしても別の階層に置きたい場合は、一括置換などがしやすい書き方をしておきましょう。


 
 

Webの開設と運営法に戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Web Opening and Management Guide. All rights reserved. - Home