サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> Webの開設と運営法 >> JavaScript

JavaScript



JavaScriptとは

JavaScriptとは、HTMLに組み込むことでウェブに動的な要素を付加する言語です。例えば、サブウィンドウを開いたり、背景色をフェードインさせたり、画像を入れ替えたりと、いろんなことを実現ます。現在のウェブ作成には欠かすことができない言語なのです。

何故、こんなにJavaScriptが普及しているのかというと、この言語はHTMLファイルに書くことでブラウザが実行してくれるので、特別な開発ソフトなどは必要なく、誰でも配布されているサンプルをコピー&貼り付けするだけで簡単に作成することができるためです。

もちろんプログラムを1から作ったり、カスタマイズしたいと思ったらそれなりの知識が必要となりますが、インターネット上を探せば、必ずと言っていいほど自分が望むプログラムがありますので、自分でカスタマイズするよりも探したほうがいいかもしれません。


JavaScriptについて

JavaScriptは、NetScape Communications(当時)が開発した「LiveScript」を元に、1995年にSun Microsystemsと共同開発したインターネット用スクリプト言語です。

名前は、言語使用をJavaに似せて作られたことに由来したものですが、Javaとの互換性は全くありません。ブラウザで実行されるため、Internet ExplorerとNetscapeとでは表示が異なる場合があります。

JavaScriptのバージョンは1.1から1.5まであり、それぞれ指定することができます。(指定しない場合は最新のバージョンになります)


実際に使ってみる

JavaScriptを使って、ページに文字を表示してみます。そのためには以下のような記述をします。

スクリプト
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
document.write("サンプルサンプル");
//-->
</SCRIPT>

実行結果


JavaScriptを書く部分はSCRIPTタグで囲みます。詳しくは、JavaScriptで解説してありますので、詳しくはそちらをご覧ください。


 
 

Webの開設と運営法に戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Web Opening and Management Guide. All rights reserved. - Home