サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> Webの開設と運営法 >> サイトの構造を決める

サイトの構造を決める



サイト構造を決める

サイトの構造は、サイト制作後の更新作業の効率に大きな影響を与えます。初心者のありがちなミスとして、全てのページや画像を同じディレクトリに置くというものがあります。
ページ数が少ないときはそれでもいいのですが、30ページほどのサイトになると、どれがどのファイルなのか全く区別がつかなくなります。

サイト構造は自分の使いやすいように決めてるのがいいですが、オススメなのは、画像ファイルは新しくディレクトリを作り、HTMLファイルと別に置くということと、コンテンツごとにディレクトリを作るということです。
図で表すと下のようになります。



これは、あくまでも一例ですので、自分が最も使いやすいと思うサイトの構造を見つけてください。
もちろん、ディレクトリやファイル名に日本語を使ってはいけません。


レイアウトを決める

全てのページを同じようなレイアウトにする必要はありませんが、ある程度同じようなレイアウトにして、そのテンプレートを作っておけば、更新作業は楽になりますし、サイトの統一感も出すことができます。

例えば、このページは、上下のデザインが他のページと全く同じで、横幅も固定することで統一感を出しています。

ページのレイアウトをスタイルシートなどで設定しておき、外部から読み込むことによって、簡単に自分の好きなようにレイアウトを変更できるようにすることも可能です。

ページの横幅についてですが、指定する場合は800×600サイズの人でも横スクロールが出ずにすむ780ピクセル以内にするようにしましょう。もちろん、固定せずにデザインできればそれに越したことはありません。


 
 

Webの開設と運営法に戻る Next:ページを作成する




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Web Opening and Management Guide. All rights reserved. - Home